ゴルフボール2017年モデル比較テスト

2017年モデルの比較用ボールが届きました。
boal-test
Z-STARやPROV1は、すでに2017年モデルをテストしていますが、
今回注目したいのは「PHYZ」の2017年モデルと
「スーパーストレート」というブリヂストンの新商品です。

PHYZは、ご存知の方も多いかと思いますが、
飛んで曲がらないボールということで
非常に人気のあるボールです。
インパクトでしっかりとボールが潰れてくれるので
ロングショットでのスピン量が抑えられて
飛んで曲がらないのです。
弾道が非常に高いので、アイアンショットでしっかりグリーンにも止まってくれます。

PHYZ 2017年モデル の詳細はこちら

同じくブリヂストンの「スーパーストレート」。
ファイズよりも柔らかいボールだそうです。
値段もPHYZよりかなりお求めやすいので
実際に使ってみて良いボールであれば
もしかしたらエースとして使おうという方も多いかもしれません。

ブリヂストンゴルフ BRIDGESTONE GOLF スーパーストレート SUPER STRAIGHT ゴルフボール 1ダース12個入り 2017年モデル【あす楽対応】

近いうちにコースでテストしてきますので
また後日ご報告させていただきます。

プロV1とZ-STAR 比較セット

タイトリストPROV1とスリクソンZ-STARの2017年モデルが発売されました。

すでに打ちくらべをされた方もいらっしゃるでしょうが、
まだされていない方には
こちらのセットをご紹介します。
ゴルフダイジェストオンラインで販売されています。


プロV1 Z-STAR 打ちくらべセットの詳細はこちら

タイトリスト プロV1 2017 試打評価

タイトリストPRO V1の2017年モデルが手に入れましたので
その試打評価をご紹介します。
titleist-proV1-2017

私自身、2015年モデルのプロV1をかなり使っていました。
そしてこの2017年モデルを打ってみて、
全く違和感なく使用することが出来ました。

違いと言うのは、打感の進化。
柔らかいながらも芯のある打感で
とても心地よい打感となっています。

ロングショット時のスピン量が減っているような感じで
伸びのある気持ちよい打球が飛んでいきます。

ショートゲームは、
低すぎず高すぎず距離感の出しやすい高さの弾道。
スピン量も秀逸です。

プロV1とV1X、SRIXONのZ-STARと
NEWモデルが続々と登場していますので
とりあえずすべてのボールを取り寄せています。
なので、1スリーブずつ購入できるお店を探しました↓↓

2017年モデル Titleist タイトリスト PRO V1 プロV1 ゴルフボール 1スリーブ(3球) 【ゴルフグッズ用品】

タイトリスト PRO V1 2017 2015年モデルとの比較

タイトリストPROV1の2017年モデルを打ってみました。

まず、感じるのが打球音。
昔のPROV1はとにかく柔らかくて音が小さかったのですが
近年は比較的しっかりしてきていましたが、
2017年モデルはより大きくハッキリとした打球音です。
もちろん、柔らかい打感はそのままです。
ショートゲームでのスピン性能や球の高さなど
本当にコントロールしやすく素晴らしい。

ドライバーの飛距離性能ですが、
スピン量が減っているのが良くわかります。
飛距離も少し伸びているように感じました。

2017年モデルと2015年モデルで比較すると、
打球音が少ししっかりと大きめになり、
またロングショットでのスピンが少なくなり
飛距離が伸びていますね。

タイトリストPROV1 2017年モデルの詳細はこちら

タイトリスト プロV1 2017 発売日

タイトリストPROV1の2017年モデルの発売日が
正式に発表されました。

発売日は、2月3日です。

最も早く手に入るのは、
2月2日に発送してくれるショップ。
こちらのショップは2月2日発送開始です↓↓
そして現時点で最安値(送料無料)です↓↓

予約販売/2月2日発送! タイトリスト 2017モデル PRO V1 ・ V1X 1ダース(12球入り) 【Titleist】【ゴルフボール】【日本正規品】【PROV1PROV1X】【GS7】

タイトリスト RPO V1 2017 藤田寛之 評価

タイトリストPRO V1 2017年モデルが
ツアープロに支給されています。

三井住友VISA太平洋マスターズで実戦使用した藤田寛之選手が、新しいPROV1についてお話ししてくれました。

藤田プロで、2015年モデルのPROV1よりも
2017年モデルのPROV1の方が
4~5ヤード飛んでいるそうです。
プロで4~5ヤードも飛ぶというのは
大きな違いです。

そして重要なのが
飛距離が伸びているにも関わらず、
アイアンやショートゲームでのフィーリングが
従来通りの柔らかさを誇っていること。
また、スピン性能も申し分ないそうです。

他のプロのお話も随時更新していきますが、
PRO VIXを使用してきたプロもPRO V1に変更するなど
かなり2017年モデルのPROV1は良いみたいですよ。

ウレタンディスタンスは飛ぶ?

ウレタンディスタンスは、
飛んで、柔らかくて、スピンもかかる!

と言う風に言われていますが、
本当に飛ぶのでしょうか?

これまでキャロウェイ クロムソフト、
タイトリストVG3、
ブリヂストンV10を打ってみました。

どれにも共通する点としては、
ロングショット時の柔らかな打感と
低スピンボール。
少々のアゲンストでは、
拭け上がることなく非常によく飛びます。
セカンドでは、これまでのイメージ通りに打つと、
基本的にグリーンオーバーしてしまいました。
確実に飛びます。


Callaway(キャロウェイ) CHROME SOFT ゴルフボール(1ダース12個入り)2016年モデルボールカラーホワイト ユニセックス 6421253120044 ホワイト


タイトリストVG3の詳細はこちら


V10の詳細はこちら

プロが使用するスピン系ボールは飛ばない?

プロが使用するスピン系ボールは
アマチュアが打つと飛ばないという風に
言われることがありますが、
それは本当なのでしょうか?

実は、正しいとも言えますし、
間違っているとも言えます。

プロが使用するスピン系ボールは、
コアが非常に硬く、
カバーが柔らかいウレタンなどの素材で
出来ているものが多いです。

ドライバーなどのロングショットでは、
基本的にコアが硬いボールの方が
反発力が高くて飛びます。

しかし、ヘッドスピードが遅い人が打つと、
スピン量が増大してしまい
逆に飛ばなくなってしまいます。

ですので、ヘッドスピードが遅いアマチュアの方が打つと飛びません。

逆にヘッドスピードが速いアマチュアの方だと
しっかりと適正スピンで飛んでくれるでしょう。


TITLEIST(タイトリスト) ゴルフボール 15 PRO V1

アゲンストでも飛ぶボール

最近、新発売のゴルフボールでは、
アゲンストに負けない飛距離というものが
宣伝文句になっています。

さて、本当なのでしょうか??

答えは、本当です。

というのは、最近のゴルフボールが
本当に性能が良く、
ロングショットでのスピン量が随分と少なくなっています。

スピン量が少なければ、
アゲンスト時でも球が吹け上がらずに
飛距離が落ちにくいです。

そういった面で、
第三のボールと言われる
ウレタンディスタンスは
アゲンストでも飛ぶし、
アプローチでのスピン性能もいいです。

タイトリストの最近ウレタンディスタンスボール。

タイトリストVG3ボールの詳細はこちら

タイトリストVG3ボール2016年モデルの詳細

タイトリストVG3シリーズの2016年モデルが登場します。
発売日は、2016年3月中旬です。

●タイトリスト VG3ドライバー(2016)タイトリストVG50/60シャフト

もちろん人気のVG3ボール2016年モデルも
同時に発売です。
2層のコアが
全てのショットにおいて
柔らかな打感を実現します。

ドライバーショットでは、
スピン量が少ない打球を実現。
飛距離性能と直進性に優れています。

アプローチでのスピン量は、
それほど多くはありませんが、
決して悪いわけではありません。
慣れれば問題ないですし、
スピンタイプのボールよりも
距離感が安定するという方いるでしょう。

タイトリストVG3ボール2016年モデルの詳細はこちら