ふるさと納税 ゴルフボール 松山英樹使用ボール

来年の税金から控除される対象となるふるさと納税は、12月31日までです。
2018年1月以降のふるさと納税の場合、税金から控除されるのは2019年になってしまいますのでご注意ください。

さて、今年のふるさと納税の返礼品で人気なのが、
松山英樹選手が使用するSRIXON Z-STAR XV。

もちろん松山選手が使っているからという理由もあるでしょうが、
ツアーボールの中でもトップレベルの飛距離性能を持っています。もちろん、スピン性能も高く、これまたツアーボールの中でトップクラスです。

【ふるさと納税】ゴルフボール スリクソンZ-STARXV(ホワイト・3ダースセット36球)

SRIXON Z-STAR 2015年 USモデルってどう?

今、ゴルフダイジェストオンラインで
SRIXON Z-STARの2015年モデル、しかもUSモデルが
めちゃくちゃ安く売られています。

これってどうなんですか?って聞かれます。

まず、日本正規品とUSモデルですが、同じです。
同じものです。生産管理の違いがあるという話ですが、性能に違いはないでしょう。

2015年モデルと2017年モデルの違いですが、
余程繊細な感覚を持っている方でないとプレーに影響はないでしょう。
プロでも前モデルを好んで使用する選手もいますので
好みの問題ともいえるのではないでしょうか。

と言うわけで、これだけ安いとお得感ありますね。


SRIXON Z-STAR 2015年USモデルの詳細はこちら

SRIXON TRI-STAR 評価

SRIXONのTRI-STARでラウンドしてきました。

SRIXONと言えば、ツアーモデルのZ-STARが非常に人気のボールですが、
その入門編として位置づけられているのがTRI-STARです。

値段がかなりお求め安くなっていて
性能としてはオールマイティな良いボールです。

ドライバーやアイアンのロングショットでは、
非常に柔らかい打感。ディスタンスタイプです。

ロングショットでのスピン量は、適度なスピン量で
全く不満はありません。
ショートゲームでのスピン量は、Z-STARに比べると少ないですが、
慣れると全く問題ありませんし、
我々アマチュアならこちらの方が距離感を合わせやすいという面もあるでしょう。

コストパフォーマンスがとてもいいボールだと思います。

TRI-STARの詳細はこちら

ふるさと納税 SRIXON Z-STAR 2017 ボール

ふるさと納税で松山英樹選手が使用するSRIXON Z-STAR 2017年モデルが手に入ります。

岐阜県七宗町では、ふるさと納税の返礼品としてゴルフボールを下さいます。
SRIXON Z-STAR 3ダースもいただくことが出来ます。
実質負担2000円でZ-STARの最新モデルが3ダースですから
ホントにお得です。

【ふるさと納税】ゴルフボール スリクソンZ-STARXV(ホワイト・3ダースセット36球)

SRIXON トライスター 2017年モデル

SRIXONのボールと言えば、松山英樹選手や多くのプロが使用する「Z-STAR」をイメージされる方が多いかと思います。
実は、そのZ-STARと同じく、非常に売れているボールがあります。それは「TRI-STAR」と言うボール。
このボールは、90切りを目指すゴルファーのために、「Z-STAR」の登竜門的な位置づけで作られたボールです。
値段もお手頃ということで非常によく売れているのですが、その2017年モデルが発売されます。


SRIXON TRI-STAR 2017年モデルの詳細はこちら

ディスタンス系ボールになるのですが、
「Z-STAR」と同じくSpin Skinコーティングが施され、
スピン性能にも優れたボールとなっています。

SRIXON TRI-STAR の詳細はこちら

ツアーボールで人気のボール

今、売れ筋のゴルフボールを調べていると、
ツアーボールの中で最も売れているのはPRO V1X、
次いでSRIXON Z-STAR XVとなっています。

スピンタイプよりも、ディスタンスタイプの方が
人気があるようですね。

最近では、ディスタンスタイプも
非常にスピン性能が良くなってきているのが
人気の理由の一つでしょう。
⇒Yahoo!ゴルフ用品売れ筋ランキングはこちら

アプローチで球が上がらない

アプローチで球を高く上げてボールを止めたいのに球が上がらない、
そんなお悩みの方も多いかもしれません。

その原因、実はボールにあるかもしれません。

例えば、タイトリストPRO V1やブリヂストン ツアーB 330S。
この2つのボールは、球が非常に上がりにくいです。
インパクトでフェースにくっつく時間が長く、
低く飛び出すのが特徴です。

スピンがしっかり効いてくれますが
高く上げようとしているのに、低く飛び出してしまうと距離が合いませんよね。

同じツアーボールでも、SRIXON Z-STAR XVなどは、
アプローチでも球が上がりやすいです。

SRIXON Z-STAR の詳細はこちら

また、アイオノマーカバーのディスタンス系ボールは
より球が上がりやすいです。

【2ダースセット 送料無料】BRIDGESTONE GOLFブリヂストン ゴルフTourStage ツアーステージEXTRA DISTANCE エクストラ ディスタンスゴルフボール2ダースホワイトのみ◆オウンネーム対象外◆

松山英樹 使用ボール 2017

松山英樹選手が使用しているボールをご紹介します。

SRIXONと契約しており、以前からSRIXONのボールを使っていますが
2017年モデルのZ-STAR XVは、松山英樹選手の意見が全面的に反映されており
まさに松山英樹モデルのボールとなっています。

かなり多くのプロトタイプをテストして
そして多くの改良を加えて、
松山選手がこれだというボールに決定しています。

SRIXON Z-STAR XV の詳細はこちら

プロV1とZ-STAR 比較セット

タイトリストPROV1とスリクソンZ-STARの2017年モデルが発売されました。

すでに打ちくらべをされた方もいらっしゃるでしょうが、
まだされていない方には
こちらのセットをご紹介します。
ゴルフダイジェストオンラインで販売されています。


プロV1 Z-STAR 打ちくらべセットの詳細はこちら

Z-STAR アプローチ 打感 球の高さ スピン量

SRIXON Z-STARの2017年モデルのアプローチテストを行いました。

まず、球の高さはツアーモデルの中では高めです。
もちろん、ディスタンス系と比較すると低いのですが
タイトリストのPROV1やブリヂストンのB330Sなどと比較すると高いです。
最も球が低く出るB330Sが低すぎるという方には、
こちらの方がいいでしょう。

打感は、柔らかいですね。
球が高いというと、打感が少し硬いのかと思われるかもしれませんがそうではありません。
またスピンもしっかりかかってくれます。



SRIXON Z-STAR 2017年モデルの詳細はこちら