ディスタンス系ボール 弾道の高さ

練習場によっては、コースボールが混じっていることがあります。

コースボールをある程度集めて、色んなボールを打ちくらべてみてください。

同じように打っても、ボールの高さが全く違うのが分かるかと思います。

アイオノマーカバーのディスタンス系ボールが、打ち出しと共に非常に高くボールが上がります。普段と全く違う高さにボールが上がるので、びっくりしてしまいます。

プロは、こういった極端に高く上がるボールは使いません。その理由は、縦の距離感が合わないから。

最近のディスタンス系ボールは、極端な高弾道にはなりませんので、使いやすくなっています。

ツアーボールよりもディスタンス系の方が高く上がりますので、弾道の低い方は使ってみるといいでしょう。


XXIO スーパーソフトX の詳細はこちら

練習場のボールとコースボールの違い

練習場のボールとコースボールで
違いはあるんですか?と
聞かれることがありますので、
ご紹介しておきます。

「全然違う」というのが
答えです。

まず、飛距離は全然違います。

一般的な練習場のボールで
アイアンでも、1~2番手違います。

さらに、池の練習場で
浮くボールとかありますよね。
あれだともっと違いますよね。

スピン量も全然違います。
練習場だとドライバーが吹き上がるけど
コースボールだと大丈夫と言う方も多いでしょう。

また、軽いので、
ミスショットが分かりにくいというのもあります。

これは肘などにも負担がかからないので
体に優しいというメリットもあるのですが、
ミスしてもそれなりに飛んでくれるんですよね。
さらにマットだとダフっても滑りますからね。

こういうことを踏まえて
練習してもらいたいと思います。