SRIXON Z-STAR 2017 パッティングの打感と打音

SRIXON Z-STAR 2017年モデルのパッティングの
打感や打音についてご紹介します。

打感や打音というのは、
距離感を出すにあたって非常に重要な要素となりますが、
感覚は人それぞれなので
好みというのはあります。

私個人の感覚としては、
丁度良い打感と打音だと感じています。
非常に柔らかい打感と澄んだ打音。

普段からディスタンスタイプのボールを使っている方は、
距離感が合わないかもしれません。
でも、一度この感覚に慣れると
もう硬いアイオノマーカバーのボールは
使うことが出来なくなるくらいに
心地よい感覚です。



SRIXON Z-STAR 2017年モデルの詳細はこちら

SRIXON Z-STAR XV 2017 試打評価

SRIXON Z-STARの2017年モデルが届きましたので
早速テストをするためにコースへ行ってきました。

まず、松山英樹選手に意見が
大きく反映されたZ-STAR XV。
Z-STARXV

まずは、ドライバーから。
ボールの初速が上がって、スピン量も少なくなっているようです。
何球か打ちくらべていますが、
平均して2017年モデルの方が少し飛んでいますね。
球の高さは、やや高弾道といえるでしょうか。
打球音は少し高め。

アイアンもやや高めの弾道で
少し飛距離が出ているように思います。

アプローチは、いい感じのスピン量だと思います。
弾道の高さも高すぎず低すぎず。
距離感を合わせやすいと感じました。

パターでの打球音は、
もちろん好みはあるかと思いますが、
松山選手が選んだ音がこれなんだな~と感じられるのも面白いです。

DUNLOP スリクソン Z-STAR XV 2017 ホワイト 1ダース(12個入り)

SRIXON Z-STAR XV 2017 松山英樹 評価

松山英樹選手が、
SRIXON Z-STAR XV 2017年モデルで
日米ツアーで快進撃を見せています。

そのZ-STAR XV 2017年モデルに付いて
以下のような評価をしています。
「今までのボールより飛距離が伸びていて、
打った時の食付きもすごく良く、
ホントに信頼しているボールです。
アイアンは、アメリカでやっていく上で
止まるボールが欲しかったので、
スピンがきっちり入る事にとても満足しています。
アプローチでも、更にスピンが入り食付きが良くなりましたし
ラフからでも安定してスピンがかかるので
すごく進化していますね。」

【先行予約】【17年モデル】 スリクソン ゴルフボール NEW Z-STAR 1ダース(12球) SRIXON ツアープロ使用モデル

タイトリスト RPO V1 2017 藤田寛之 評価

タイトリストPRO V1 2017年モデルが
ツアープロに支給されています。

三井住友VISA太平洋マスターズで実戦使用した藤田寛之選手が、新しいPROV1についてお話ししてくれました。

藤田プロで、2015年モデルのPROV1よりも
2017年モデルのPROV1の方が
4~5ヤード飛んでいるそうです。
プロで4~5ヤードも飛ぶというのは
大きな違いです。

そして重要なのが
飛距離が伸びているにも関わらず、
アイアンやショートゲームでのフィーリングが
従来通りの柔らかさを誇っていること。
また、スピン性能も申し分ないそうです。

他のプロのお話も随時更新していきますが、
PRO VIXを使用してきたプロもPRO V1に変更するなど
かなり2017年モデルのPROV1は良いみたいですよ。

打感が柔らかいゴルフボール

打感の柔らかさは、
ドライバーショットのようなロングショット時と
アプローチやパターのようなショートゲーム時では
同じではありません。

ドライバーショットで感じる打感は、
コアの部分の硬度が影響します。

それに対してショートゲームで感じる打感は、
カバーの硬度が影響します。

ロングショットでの打感が柔らかいボールは、
現時点ではブリヂストンのV10がオススメです。

BRIDGESTONE(ブリヂストン) TOUR B V10 ゴルフボール 1ダース 12球入 イエロー RVYX
計測の仕方にもよりますが、
現時点でコンプレッションが最も柔らかいボールです。
また、V10は、2016年モデルからカバーもウレタンになっており
ショートゲームでも打感が柔らかいです。

プロが使用するスピン系ボールは飛ばない?

プロが使用するスピン系ボールは
アマチュアが打つと飛ばないという風に
言われることがありますが、
それは本当なのでしょうか?

実は、正しいとも言えますし、
間違っているとも言えます。

プロが使用するスピン系ボールは、
コアが非常に硬く、
カバーが柔らかいウレタンなどの素材で
出来ているものが多いです。

ドライバーなどのロングショットでは、
基本的にコアが硬いボールの方が
反発力が高くて飛びます。

しかし、ヘッドスピードが遅い人が打つと、
スピン量が増大してしまい
逆に飛ばなくなってしまいます。

ですので、ヘッドスピードが遅いアマチュアの方が打つと飛びません。

逆にヘッドスピードが速いアマチュアの方だと
しっかりと適正スピンで飛んでくれるでしょう。


TITLEIST(タイトリスト) ゴルフボール 15 PRO V1

ゼクシオボール エアロドライブとUX-AEROの違い

ゼクシオボールにUX-AEROが登場しました。

エアロドライブとの違いは??
との質問がありましたので
ご説明させていただきます。

大きな違いは、カバーの部分ですね。
カバーがエアロドライブは反発力の強いアイオノマーです。
UX-AEROは柔らかいウレタンカバーです。
さらにUX-AEROはウレタンカバーの外側にハイブリップコーティングも施されています。

このカバーの違いで
ショートゲーム時の打感やスピン性能がアップしました。
エアロドライブは飛んで曲がりにくいけど
ショートゲームのスピン量が不満だという意見がありましたが、
それが改善されました。

ウレタンカバーだと、柔らかく反発力が弱いことで
飛距離性能が下がったのではないの?という心配も出てきます。
確かにこういった面もありますが、
ミッド層に高反発のアイアオノマーを使い、
ウレタンカバーは超薄にして
極力、飛距離性能が犠牲にならないようにしています。

ゼクシオ UX-AEROの詳細はこちら

ゼクシオ UX-AERO ボール 評価

ゼクシオ2016年最新モデルのボール
「UX-AERO」が登場しました。


ゼクシオUX-AEROの詳細はこちら

2015年辺りから登場し始めた
ウレタンディスタンスボールです。

コアは、中心が非常に柔らかく、
外側になるにつれて硬くなっていきます。
ドライバーショットでは、
インパクトでしっかりと潰れてくれますので、
低スピンで飛距離が出て、曲がりが少ない球が打てます。

2015年モデルのウレタンディスタンスボールと比較して
飛距離性能は格段に上がっているように思います。

また、アイアンショットでも、
全ての番手で適度な柔らかさとスピン量で
アマチュアのセッティングのグリーンにちょうど良い
球の高さとスピン量です。

アプローチでは、
さすがはダンロップで
SRIXONでも話題になった
最新のコーティング技術で
ウエッジにしっかりと食いついてくれるので、
球離れが早すぎず遅すぎず
適度な高さとスピン量が出てくれます。

最安値は、こちらのショップです↓↓

2016NEW ダンロップ XXIO ゼクシオ UX-AERO ゴルフ ボール 1ダース(12…

クロムソフトとクロムツアーの違いは?

キャロウェイから2016年のNEWモデルが登場しました。
クロムソフトとクロムツアー。
どちらも柔らかいコアが特徴で
柔らかいのに飛ぶというところは共通しています。

違いが出てくるのはスピン性能です。

クロムツアーの低スピンは
アマチュアの方にとっては非常に武器になります。
飛ぶだけでなく非常に曲がりにくいです。
しかし、プロや上級者にとっては、
ちょっとスピン量が少なすぎるという点は指摘されていました。

クロムツアーでは、
特にアイアンショットアプローチで
スピンが効いてある程度の高さが出て
しっかりとグリーンでスピンがかかってくれます。

クロムソフトは
アイアンやアプローチでもスピンが少なめ。
ですので、私の感覚では、
思っているよりもアプローチで飛んでしまいます。
これは慣れれば問題ないのですし、
アマチュアが普段プレーしているセッティングでは
全く問題ないでしょう。

ですので、飛距離性能を重視する方はクロムソフト。

【特典付き】【2016年モデル】キャロウェイ クロムソフト ボール 1ダース(12球入り) C…

スピン性能を重視する方はクロムツアー。

キャロウェイクロムツアーの詳細はこちら

タイトリスト プレステージ 比較

タイトリストから
プレステージが発売されます。


プレステージの詳細はこちら

PROV1Xのスピン性や弾道はそのままに、
少しコアを硬くして
飛距離性能をアップさせたボールです。

より飛距離をアップさせたいけど、
アプローチでの打感やスピン性能は
犠牲にしたくない方におすすめです。