ディスタンス系ボール 弾道の高さ

練習場によっては、コースボールが混じっていることがあります。

コースボールをある程度集めて、色んなボールを打ちくらべてみてください。

同じように打っても、ボールの高さが全く違うのが分かるかと思います。

アイオノマーカバーのディスタンス系ボールが、打ち出しと共に非常に高くボールが上がります。普段と全く違う高さにボールが上がるので、びっくりしてしまいます。

プロは、こういった極端に高く上がるボールは使いません。その理由は、縦の距離感が合わないから。

最近のディスタンス系ボールは、極端な高弾道にはなりませんので、使いやすくなっています。

ツアーボールよりもディスタンス系の方が高く上がりますので、弾道の低い方は使ってみるといいでしょう。


XXIO スーパーソフトX の詳細はこちら